お知らせNews

☆人工知能関連☆『AI画像認識を利用した色味検査システム』が第23回自動認識システム大賞で入選しました

染色の色味検査を人工知能を利用して自動化する新システム

『AI画像認識を利用した色味検査システム』

 

が、2021年7月30日に第23回自動認識システム大賞(主催:一般社団法人 日本自動認識システム協会)で入選

同年10月6日に、東京ビッグサイトで開催された「第23回自動認識総合展展示会場」内で表彰式が行われました。
 ※本システムは特許申請中です

 

■第23回自動認識システム大賞:https://www.jaisa.or.jp/award_history.php


「染色」と「色味の判定」
染色とは、繊維、糸、生地などに染料や薬品を用いて色を付けることです。

繊維と染料の間には相性があり、同じ染料を使っても染まる度合いによって仕上がりの「色味」(微妙な色合い)が異なります。

それらの色味の判定は定量化が難しく、また判断に個人差もあるため、熟練技術者の目(目視)と判断により行われています。

『AI画像認識を利用した色味検査システム(特許出願中)』の役割
AIに、顧客別、品番別、素材別、色別といったあらゆる条件と、熟練技術者の合否判定データを継続して学習させるシステムです。

学習データの蓄積により、熟練技術者と同等の判断を可能とし、色味の検査の課題を解決します。

 


本システムは、現在製品化に向けて準備を進めております。

今後も、テクノアはAI画像認識技術を利用し、様々な業種の業務効率化、生産性向上に貢献します。