お知らせNews

「生産効率の見える化」で経営判断をさらに後押し! まるごとIoTシリーズ『A-Eyeカメラ(エーアイカメラ)』Ver.2.0発売

2021年7月30日より、AI画像認識を利用した工場の見える化システム『A-Eyeカメラ(エーアイカメラ)』新バージョン(Ver.2.0)の発売を開始します。

 

 『A-Eyeカメラ』は2020年3月の発売以来、中小製造業様の製造現場にあるメーカーや年代の異なる機械や設備でも一元的に稼働データ収集ができるIoTプラットフォームとして好評をいただいています。

 今回のバージョンアップ (Ver.2.0)では、従来から評価いただいている、機械や設備の稼働情報の収集から求められる「稼働率の見える化」だけでなく、加工する製品の個数や時間などの生産計画とその実績から求められる「生産効率の見える化」ができるようになりました。「作業指示書情報(計画)の登録」、「作業指示書情報(計画)と実績の比較」機能を追加したことで、経営者が必要とする「計画通りに機械が動いているか」、「予定時間通りに生産できているか」などの情報が画面でご覧いただけます。また、『A-Eyeカメラ』に蓄積されたデータを活用し、作業予定や見積等に使用している標準工数や時間単価の妥当性を分析すれば、より精度の高い見積の作成にも繋がります。

 今後もテクノアは、『A-Eyeカメラ』の機能追加、製品改善を行い、中小製造業様の「工場の見える化」に貢献します。

 

  •  
  • ■追加機能について

他システムやExcelからCSVファイル形式で作業予定データを取込み、各機械の作業内容を登録・比較できる機能を実装しました。

作業計画(予定時間、製番、品番、個数)に対して、設備・機械の稼働実績毎の個数を入力して、比較・分析を行います。

計画通りに生産できていない場合は時間単価を見直すなど、これらの情報は経営者にとっての改善判断材料となります。

 

画像:作業計画管理画面